学会会場ガイド

アメリカ在住ですので、学会の度に米国内の色々な都市を訪れています。
日本から参加する方々へ多少なりとの情報源になればと思っています。

ワシントンDC

1. ドナルドレーガンワシントン空港から地下鉄で行ける。レベル2のコンコースに駅があるはず。Yellow Lineに乗ればそのままコンベンションセンターへ。

2.コンベンションセンターは地下鉄MetroのMt. Vernon Sq 7th St-Convention Centerと直結している。駅から階段を上がると会場で、雨に濡れる心配がなし。

3. ワシントンDCでは地下鉄の駅の近くに泊まれば必ずしもコンベンションセンター近くにホテルを取る必要なし。

4. ワシントンDCには小さいけれど中華街あり。南に9th St.を数ブロック歩く(5分程度)と漢字で書かれた看板と中華街のアーチが見えるはず。昼食は早く出てきて安かった。

5. New York Ave.を南東に15分ほど歩くとホワイトハウスに出れた。観光名所モニュメントもすぐ近く。

6. スミソニアン博物館はたくさんある博物館の総称。行きたい博物館を事前に調べていくこと。入場料は無料。2011年4月現在、荷物チェックとセキュリティゲートが設置されてるので、荷物は手軽に。

7. ボルチモア空港(BWI)からのアクセスはスーパーシャトルと電車があり、ワシントンDCに向かうことが問題なく可能。通常この空港を利用した方がアメリカ国内で移動した場合航空運賃はかなり安上がりになる。

  • スーパーシャトル は片道38ドル、BWI空港からワシントンDCの主なホテルに直通で行ける。通常これに1割程度のチップを運転手に渡すので合計は41ドル程度かかる。
  • 鉄道はAMTRAKもしくはMARCトレインを利用。どちらも路線は一緒で、Penn Lineである。
    • BWI空港からBWI Marshall Rail Station駅までは無料のシャトルバスが出ており、乗車場所は空港で1階の荷物引取り場に下りた後、出口のドア番号が1 & 2, 8 & 9, 14 & 15, and 17 & 18の外にシャトルは停車する。通常は12分置き、1:00am-5:00amの早朝は25分置きに運行している。
    • 空港からの距離は1マイルで停留所は3つあるが、屋外駐車場、ガレージを通り過ぎて最後のところで降りると駅に一番近い。
    • AMTRAKの料金は距離と乗る時間帯、普通と急行で値段が変わる。またネットで事前予約した方が安く、DCのUnion Stationでは切符を買うのに長蛇の列をなしていたのを行き帰りとも見かけたため、事前に買って置いたほうが何かといいはず。2011年11月でネット予約で片道一番安くて11ドル、2日前に買ったら同じ時間帯で14ドルした。AAAの会員だと3日前までの購入でさらに10%引き。 DCまでかかる時間は30分前後。
    • MARCは時間帯に関わらず駅で買うと片道6ドル、電車の中で車掌からも現金でのみ買えるが9ドルとなる。急行に乗ることが出来ればAMTRAKとまったく乗車時間が変わらない。各駅停車だと1時間ぐらいかかる。月曜から金曜の平日のみ運行なので注意。運航スケジュールはhttp://www.marctracker.com/PublicView/schedule.jsp
    • おまけですが、ワシントンDCのUnion StationでMARKトレインに乗る場合、乗車案内があるまで電車が到着していても待合場所で待ってのがルール。電光掲示板でも音声でも案内が出され、乗る電車のゲートと何番線(Track #)であるかを確認して乗車する。自分が乗ったときはさらに北側に近い方の車両に乗ってくれ、という案内もあった。

メリーランド州ボルチモア

  1. ボルチモア空港(Baltimore-Washington International Airport)から電車でコンベンションセンターに行ける。乗る前に自販機で切符を買い、Light Railを使ってコンベンションセンター駅で降りる。ただし運行は20分間隔ぐらい。野球やアメリカンフットボールを見るのならCamden Yardで降りるが、コンベンションセンターからも十分に歩ける距離にある。
  2. ボルチモアのダウンタウンは概して治安が悪いので、コンベンションセンター近くにホテルを取る方がいい。名門大学で知られるジョンホプキンス大学医学部付近も特に夜は危ない。逆に夜飲み歩くところはInner Harborと呼ばれているところ。このあたりなら夜も比較的安全。ボルチモアはシーフード、特に蟹が有名でご堪能下さい。
PAGE TOP ▲

コロラド州デンバー(2023年改訂)

  1. 飛行場からダウンタウンまで非常に(約23マイル)遠くて不便。また空港使用税が高いためデンバー行きの航空運賃が割高なことも有名。
  2. 2023年に調べるとスーパーシャトルなどのシャトルサービスは廃止されていた。
  3. 従って以下のサイトから電車A Lineが一番いいことがわかった。
  4. 空港ではウェスティンの外側の地上階にあるトランジットセンターで電車に乗り、ダウンタウンのユニオン・ステーションを約37分、料金は$10.50。ピーク時は15分、オフピークは30分毎に発車。
  5. 詳細は弊ブログ(コロラド州デンバー国際空港からダウンタウンへ)を参照下さい。
  6. 2023年度の場合、学会がコンベンションセンター内全域で無料Wifiを提供していた。
  7. ダウンタウン内の縦の移動はFree Mallrideが便利。無料でだいたい2ブロックごとに停車する。停車場所はFree Mallrideと書かれたのぼりが目印。
  8. バス以外の移動はスクーターが幅を利かせていた。UberとかLimeがあったが、どこもアプリをダウンロードし、そこで課金。2023年で1回1ドル、1分ごとに0.32ドルというのが相場でした。
  9. ボルダー(デンバーから50kmぐらい)には公共バス一本で行けた。16th St.の無料バスでMarket St. Stationまで行き、地下へ降りて目的のバス路線(BVもしくはBX)を探す。片道5ドルで車内で現金で支払う。おつりがないので注意。1時間程度で終点まで行けばボルダーに着く。
  10. ボルダーの目抜き通りはPeart St.というところ。いろいろなカフェ、レストランがあった。観光案内所もここに。ロッキー山脈の麓の街で、デンバーよりははるかに山々が見えた。
  11. 市内、多少の遠出に貸し自転車が便利。1日(24時間)5ドルのパスを買った後、最初の1時間は無料、2時間以降1ドルがかかる仕組みのB-cycleが手ごろ。同じ仕組みはデンバー市内にもある。マウンテンバイクを借りたいときはUniversity Bicycle(839 Pearl Street, Boulder, CO, 303-444-4196 or 1-800-451-3950)を薦められた。
  12. コンベンションセンター近くで手ごろでおいしかったお店はMiciというイタリアン。ここで3回パニーニを食べた。

ルイジアナ州ニューオリンズ(2023年改訂)

  1. ニューオーリンズ・ルイアームストロング国際空港から電車、バスはありません。タクシーかシャトル、Uberなどを使い、20分程度です。またタクシーから市内乗り入れは均一料金です。 もちろんホテルによっては送迎シャトルあり。
  2. コンベンションセンターやフレンチクォーターの周りに色々なランクのホテルがたくさん存在するので、学会指定のホテルに泊まる必要もなければ、わざわざ遠くのホテルに泊まる必要はないです。ほとんど徒歩圏内と言えます。
  3. あえて離れた所をとるとしたら、St. Charlesストリート沿いのホテルならストリートカーでコンベンションセンターに行けます。St. Charles沿いはのんびりしていて色々とレストランもあります。お屋敷街もこの通り沿い。
  4. 一般にバーボンストリートやキャナルストリートは夜でも歩いて大丈夫かと思いますが、それでも酔っ払いが多いので注意。24時間開いている所ならHarrah’sというカジノが安全で、夜でも食事をとれます。お茶をするならカフェデュモンドも24時間営業です。
  5. 個人的に学会行くのならニューオーリンズが食事もおいしいし、夜も楽しめて一番いい。
PAGE TOP ▲

マサチューセッツ州ボストン

大きなコンベンションセンターはボストンに2つあるので、どちらに行くか確認下さい。ここで説明するのはハインズコンベンションセンターへの行き方です。お金がある方はスーパーシャトルでも、タクシーをお使い下さい。

  1. シャトルバス(Logan express)-片道7.5ドル、所要時間:約20分(ラッシュアワーは当たり前だがもっとかかる)、間隔:20分おき( :00, :20, :40、空港行きは朝5時から夜9時、空港発は朝6時から夜10時)、行き先:ハインズコンベンションセンターとコプリーMBTA駅、注意:支払いはクレジットカードのみ
  2. 地下鉄(Blue Line利用)- 片道2.65ドル。所要時間:うまく行って40分くらい?行き方:空港から無料シャトルバス(Massport Shuttle)で地下鉄駅(Airport Station、Blue Line)に行き、Bowdoin方面のBlue Line (Inbound)に乗ってGovernment Center駅(4つ目)でGreen Lineに乗り換える。そこではB、C、D行き(隣の駅がPark St.,westbound)の電車に乗って、そこから5つ目の駅、Hynes Convention Ctrで降りる。
  3. 地下鉄(Silver Line利用) - 無料。所要時間:40分ぐらい?行き方:空港からSL1 Silver Lineの電車に乗って、South Stationに行きRed Lineに乗り換えてPark St.駅に向かう。そこでGreen Line(westbound)に乗り換えて4つ目の駅、Hynes Convention Ctrで降りる。
  4. 参考:マサチューセッツ州政府観光局 公式観光サイト(日本語)
PAGE TOP ▲

アリゾナ州フェニックス

フェニックス国際空港(正確には Phoenix Sky Harbor International Airport.)からダウンタウン、特にコンベンションセンターへの行き方です。案内によるとタクシーでは2016年11月現在で$17+チップ、エアポートシャトルだと$13+チップとなっていました。空港から比較的近いようです。初日結構夜に乗りましたが別に治安とか不安はありませんでした。駅も列車内もビデオで監視されている、という注意書きもありましたし、清潔でした。

  1. まずはGrand Transportationの方角、つまり外に出て「Sky Train」という表示に向かって移動(5分ぐらい歩く)
  2. そこから建物の3階に登ってSky Trainに乗り「44th Street/Washington station」まで。Sky Trainは無料。
  3. その駅につくとValley Metro Rail(路面電車)の方角に少し歩く。自販機でダウンタウンまでは片道2ドル、領収書も発行する。
  4. 「Westbound」がダウンタウン方向なので、それに乗って移動。しかし2ドルの乗車券買ったけど、行き帰りとも検札なし。10~20 分間隔で電車は出ているらしく、ダウンタウンまでは10分ちょっとであった。
  5. 「Washington/3rd St」がコンベンションセンターへの駅。主なホテルへのアクセスは「Transportation Guide」を参照。
PAGE TOP ▲

イリノイ州シカゴ

シカゴはミッドウェー空港とオヘア空港があります。日本から来る場合99%オヘア空港からダウンタウン(=loop)に入るかと思います。マコーミックプレイス・コンベンションセンターは大きくてきれいですが、ダウンタウンからの移動は正直不便で評判良くないです。地下鉄駅はお世辞にもきれいと言えず、夜や早朝、女性が一人で乗ることは勧められません。ましてやレッドラインでチャイナタウン以南はよほど地域に詳しくない限り、行ってはいけないようです。また車での移動は楽ですが、所要時間を読めません。何もなければ30分、昼間で渋滞があると90分を超える そうです。距離はたった20.5 milesなんですが。

ミッドウェー空港からコンベンションセンターへ(オレンジライン)

  1. 荷物受け取り所からエレベーターで3階に上がり、右に出て指示通り少し歩くと(5分くらい)無事駅に到着します。
  2. 自動券売機で切符を購入します。基本統一料金で旅行者の場合片道キップ(Ventra Tickets)を買うと、元々の料金$2.25、余り使わないから(limited-use media fee)+$0.25、さらに新規のチケットということで+$0.5とられて合計3ドルです(2017年5月現在)。
  3. タッチパネルに切符をかざし、駅に入場。空港はオレンジラインの終点なのでどこからでもダウンタウン方面に向かいますが、電光掲示板を見て一番早く出発する電車に乗って下さい。
  4. 乗り換え駅である「ルーズベルト」で降り、グリーンラインに乗り換えてマコーミックプレイスへ1駅。所要時間1時間弱。

オヘア空港からコンベンションセンターへ(ブルーライン)

  1. 荷物受け取り所から駅が直通。上と同様に切符を購入します。
  2. ブルーラインに乗り、Clark/Lake でグリーンラインに乗り換えます。
  3. マコーミックプレイス駅で下車。所要時間およそ1時間10分程度。
PAGE TOP ▲

ペンシルバニア州フィラデルフィア

フィラデルフィアにはPhiladelphia International Airport(PHL )があります。日本からは直行便がないため、シカゴやデトロイト、アトランタ経由で入ることになるでしょう。ペンシルバニア・コンベンションセンターはシティーホールから歩いてすぐの所にあり、中華街も近いです。空港から電車ではJefferson Station駅で下車します。

詳細は弊ブログ(久しぶりの飛行機、ペンシルバニア州フィラデルフィアへ)を参照下さい。

Last update: 06/13/2023